卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

大学受験と英会話の関係性。

気づき - ki du ki

「大学受験のために英語を勉強しても、
やっぱり英語は話せるようになりませんか?」

直接的に会話力に結びつけるのは厳しいが、
あなたがやっていることは決してムダではない。

英会話、ひいては英語学習の以下3大基本要素。

  1. 語彙
  2. 文法
  3. 発音

これら3要素を、
受験仕様の「知っている」状態のみならず
いつでも「引き出せる(=使える)」状態にしておけば
これらの初歩・基礎は万全である。

特に発音に関しては、
英単語や英熟語を音読する人は少ないし
その内正しい発音で音読している人となると
その数はさらに少なくなるから要注意だ。

心配しなくても、
これらの初歩が固まっていれば
あとは英会話に必要なのは
多少の新語彙(スラングやフレーズ)と度胸、そして実践ぐらいである。

フルスペックの受験に
正面から立ち向かう実力があるあなたなら、
英会話などその半分以下の労力で習得出来るから大丈夫。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
大学受験と英会話を別モノと考えるのは、もったいない。
受験英語を下地にした
「ちゃんとした」話し方というのもあっていい。

コメント