卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

揚げ足取り屋さんの本質。

気づき - ki du ki

今日の読書から
独りで思わず唸ってしまった一文を引用したい。

近年の脳科学は、この予想どおり、
他人の道徳的な悪を罰すると、
セックスやギャンブル、ドラッグなどと同様に
快楽物質のドーパミンが放出されることを明らかにした。
ヒトにとって「正義」は最大の娯楽の一つなのだ。

橘 玲『もっと言ってはいけない』P.210より

どうして人は
それが終わればただ虚しい気持ちしか残らないと知りながら
悪口・嫉妬・揚げ足取りに走ってしまうのか。

それは
揚げ足取りそれ自体が快楽になるように
人間の本能にインプットされてしまっているからだ。

無論、こればかりは本能に流されていては
一生を末人で終わらせること請け合いだが。

そしてもう一つ。

あなたの「正義」は他人の「正義」であるとは限らない。

当たり前のシンプルな事実だが、
これを忘れた結果がいじめになり戦争になる。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
「あなたはどうやってドーパミンを出しますか?」
というのを探すのが人生である、という見方も出来る。

コメント