卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

ムカっときた時の本質。

気づき - ki du ki

例えばあなたが
「何度言ったら分かるの!」と言われて
ムカッ!ときたとしよう。

その際の解釈は以下2通りある。

  1. その通りである(図星である)
  2. その相手がバカである

1つ目の場合はまさにその指摘通りなのだから、
それに対してムカッときてキレるのは
ただただ醜いだけであることが分かるだろう。

問題は2つ目である。

あなたを一切の悪気なくイラッとさせる人は、
それを言ったらどうなるかの想像が出来ないか
そもそもそういう発想がないバカであることが少なくない。

そんな下々に向かって
わざわざ同じ土俵に上がって本気でキレるというのも
これはとても醜いことであることが分かるだろう。

そしてもう一つ。

「何度言ったら分かるの!」と怒鳴ってくる人は、
これまで周りの人に
「何度言ったら分かるの!」と怒鳴られながら育ったのを
そのままあなたに表現しているお子様なのだ。

ここまで言えば、怒りは収まるどころか
あなたは弥勒菩薩のような微笑みで許せるようになるはずだ。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
もう一ついいことを教えよう。
イラッ!ときたことをその場で出さずに飲み込めば、
後からこうやってブログの記事に出来るよ。

コメント