卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

まず、質問を100個作る。

気づき - ki du ki
  • 核心を突く質問をするために。
  • 真にお客様の目線に立った質問をするために。
  • 憧れのあの人に会って質問をするために。

これら全てに共通する最適解が存在する。

それは、
まず100個の質問をひねり出すことである。

100個もの質問を出せれば、あとはそこから
上澄みの出汁の一滴・一問を選び抜くことが出来る。

常に最高のパフォーマンスが出せる人は、
瞬間的に・また持続的に最大量の思考をした上で
その上澄みのみを瞬時にアウトプット出来る人だ。

質を語るなら、まず圧倒的な量を語ろう。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
まあ、世の中には
「質問を1000個作るトレーニング」を
薦める文筆家もいるぐらいなのだが。

コメント