卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

会社衰退の瞬間。

気づき - ki du ki

人づてにこんな話を聞いた。

その知人の元いた会社では、
業界の不況も手伝って
営業部門と商品開発部門が犬猿の仲だった。

ここまではまあよくある話だろう。

本題はここからだ。

営業部と商品開発部が争った挙げ句、
売れさえすればいい」と
その会社内は営業力ありきの会社に変貌してしまった。

そして、その日が
その会社のXデーとなった。

瀕死になるところを
なんとか転職したらしいその知人は、
後日私にこうぼやいてくれた。

建前ではなく行動で、
お客様より自分たちのことを
大切にし始めたら終わりだよね

この発言は染みた。

一切の綺麗事を抜きにすると、
営業力とはひたすら会社の都合であるのに対し
商品(しいてはコンテンツ)を磨くことこそが
本当にお客様のためになる。

ここに議論の余地はない。

とある文筆家の発言を思い出した。

自分の方から売り込むのは恥であり、
売れるものは売れるし
売れないものは売れない」と。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
既存のお客様をぞんざいに扱って
新規のお客様を丁重に扱う会社は
絶対、必ず、100%の確率で消える。
それは歴史を見ればすぐに分かることだ。

コメント