卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

海外留学とメイクアップ。

気づき - ki du ki

無論、お化粧のことではない。

makeupという言葉が持つ
元々の意味の一つに
「埋め合わせをする」というものがあり、
そこから派生して使われる。

テストで奮わなかった場合や
何らかの事情でテストが出来なかった場合に
文字通り救済措置として行われる追試や提出課題を
makeup test(assignment)と呼ぶ。

日本の大学のそれと違うのは、
基本行われないということである。

授業初日に配られるシラバスをよく見ると、
「There is no make-up assignment!」
「Makeup is for special cases or by doctor’s permission only」
といった類の文章が書かれている。

いかにテストで爆死しようが
寝坊なり私用なりで受け損なおうが、
(かなり)事前に担当教授とその旨を話していなければ
全て自己責任として扱われる。

大人・社会人の割合が高い以上
当然といえば当然の処置だが。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
大学の授業のテストをすっぽかす夢を見た。
久々にかなりリアルな夢で怖かった。

コメント