卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

「TESOL取得済」の罠。

今日の留学情報

ここ数年、日本の英会話スクールが
「我々の講師陣はTESOL取得済!」と
アピールすることも多くなったTESOL。

‘Teaching English to Speakers of Other Language’の略であり、
要は第二言語としての英語指導法のイロハだ。
(その為、第二言語習得研究ともかぶる)

医師免許や司法試験などと違い
厳密には資格ではないのも要注意だが、
本当の問題はそこではない。

  • Certificate in TESOL
  • Diploma in TESOL
  • Postgraduate TESOL
  • Master in TESOL

この四段階が存在し、
最短で20時間で取得出来てしまうものと
数年間を要する修士のTESOLが
同じ括りにされてしまっていることを知る人は少ない。

そしてもう一つ。

TESOL修士持ちの授業を今日見てきたが、
知識があろうと経験があろうと
授業が下手な人はやっぱり下手である。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸1】
いくら教員免許を満点で取ろうが、
実際の現場でダメな人はいくらでもいる現象と同じか。

【追伸2】
まさか、日本の英会話スクールは
「お客様は素人だから知らないだろう」と
TESOLの名前を盾に厚化粧してないだろうね。

コメント