卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

リーディングの授業はマンツーマンに限る。

今日の留学情報

これは少なくとも日米共通だが、
どうも学校教育の英語では
多人数のクラスでリーディングを教えたがる。

だが本来、リーディングを
多人数相手に教えるのは不効率極まりない。

  • 前提知識・解釈・英語レベル
  • スラッシュの入れ方(チャンクリーディング)
  • そもそも読み方(英語のまま読んでいるか、和訳してしまっているか)

これら全てが個人によってバラバラであり、
本来は逐一指導・矯正するべきものなので
一斉に教える生徒数が多ければ多い程
一人一人への指導の質は著しく低くなる。

なんせ音読・語彙・文法・教養と
リーディングで一通りカバーしてしまえるので、
体裁の良い、授業のための授業」として
リーディングを教えている気がしてならない。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸1】
せっかく授業として時間を取るのなら
「先生がいないと出来ない事」に
時間を割くべきなのであり、
現行の学校教育はその体を成していない。

【追伸2】
一応、「マンツーマン」は和製英語。
‘private lesson’が最も近い表現。

コメント