卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

パナマの第二言語事情。

今日の留学情報

ここ、南ミシシッピ大学のELI(英語学校)に
パナマから来ている生徒の方と
話をさせていただく機会があった。

その方はパナマの子供に先生として英語を教えるために、
まずは自らの英語レベルを高めようと
今は生徒として勉強をしているとのことだ。

そこでパナマ国内の
第二言語事情を教えてもらった。

  • 観光業に加え、物流の一大拠点であるため
    英語圏・中国語圏の人々が集う
  • 国内就職が「外国語があれば有利」ではなく
    外国語がないと不利」になってきている
  • パナマでは小学校低学年から
    学校英語を教えているが、実際に喋れる人はごく僅か
  • どれだけ教室内で頑張って教えても、
    肝心の教室外で英語を話さないから上達しない
  • 英語を勉強すればするほど、
    母国語(スペイン語)での知識や教養が深まる

少し先の未来の日本を見ているようだ。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
スペイン語訛りの英語を初めて聞いたが、
随分と聴き取りやすかった。
(スペイン語と日本語の発音は近いし)

コメント