「生きる」と決めた日々。feat.USM

Fall Term Comes at Southern Miss. I Guess I Am Japanese.

【検証】中古車Craigslistを日本人感覚で行った結果・・・

time 2017/03/22

【検証】中古車Craigslistを日本人感覚で行った結果・・・

 

どうも、スミカ(Rick)です。

WBC、準決勝が終わりました。
王座奪還を狙った侍ジャパン、
惜しくも負けてしまいましたが、
本当にお疲れ様でした。

 

 

さて、私事ですが
ようやくミシシッピの免許に
更新する手続きが完了しました。


免許証返して下さい!オナシャス!
やはり同じアメリカでも、
州が変わると
デザインもだいぶ変わりますね。
その州のイメージだったり
キャッチコピーであったりと、
随分と異なってきます。
個人情報はお兄さん許して

 

 

さて。
免許をようやく更新できたという事は。

 

そろそろ、車を探す必要があります。

この1周間ほどでしょうか、
主にネットで中古車を探しています。

 

まず、かんたんに
アメリカの中古車事情を述べると。

 

 

 

高い。

というか、日本と比べると
値落ちのペースがかなり遅いんです。

 

例を挙げてみます。
一つ、比較として
「トヨタ・予算20万円」という条件で
中古車を探しているとしましょう。

 

日本の場合

日本で中古車20万円となると、
まあそこそこの車が
手に入りますよね。

試しに筆者の地元辺りで探してみると、

走行距離もそれなりで、
10年~15年ほど前の車を
スッキリ購入することが出来ます。

しかもこれはディーラーなので、
買ってから保証がついたり、
修理の状態を確認できたり
すでに整備が整えられていたりと、
安心した状態で買うことが出来ます。

 

では、こちらの国の場合は。

 

アメリカの場合

では、アメリカの場合。

まず、年代がかなり古くなる。
そしてここでは直接分かりませんが
アメリカの中古車の特徴として
走行距離が非常に長いです。
そんなものも当たり前に売られています。

 

例えば、日本だと
走行距離10万キロ」だと
かなり敬遠される傾向があるようですが、
アメリカでの「6万2千マイル」は
“Low Mile!”と宣伝出来るほど
むちゃくちゃ低いです。
なんせ、それの倍以上走っている車も
普通に市場に出回りますからね。

というのも、アメリカだと
ハイウェイでの低負担移動
中心になる、というのと
別に走れば良くね?」という発想のため、
同じ車を長いこと乗り続けます。
なので日本人の感覚で探すと、
相当な大目玉を食らうことになります。

 

そして、これらは全て個人売買
つまり、購入手続きの
値段交渉や書類記入から
車の申請・プレート取得からなにやら、
全て自分でやる必要があります。

ちなみに同じ条件の
ディーラーで探すと
手続きはやってくれる代わりに
日本の倍以上の価格は普通にしますから
これはもうしょうがないですね。
ここだけの話、アメリカのディーラーはヤ◯ザ商売としてよく知られる

 

 

さて、と。
アメリカ中古車市場の
軽い説明をしたところで、
ここからが本題です。

 

では、この中古車市場を
日本人感覚で行くとどうなるか?

 

 

さて、先程参照したサイトは
Craigslistという個人売買サイトなんですが。

 

 

Scam(釣り)がむっちゃ多いです。

 

もちろん、これ以外にもいくつか
ネットで探すサイトは存在するのですが、
先程の写真よりももっと高いため、
値段的にはここが最善になります。
もちろん、お金があれば
それなりに高い車に手を出せますが、
留学生活、中々そうは行かないのが現状。

 

ですが。

たまにこんな感じで、
お得!な車があります。

 

評価の高い、日本車。

走行距離も低い。

なによりも、状態がすごく良い。

 

これは買うしかない!!

 

 

 

 

 

釣りですけどね。

 

 

今回は、
こんな「釣りを釣ってみる」ためだけ
釣り用のメアドを取得し、
コンタクトを図ってみました
※あまりマネは推奨しません

 

さて、こんな方々に連絡をとると、
クルマの状態や写真、
やけに丁寧な自己紹介と共に
こんな感じのメールが届きます。

息子がバイクの事故で亡くなっていたり。

 

 

夫が心臓病でこの世を去っていたり。

 

 

韓国軍の関係で
引っ越さねばならんとか。

 

「訳ありなんですよ!」という文章と共に
お得感を出し、
早めの購入を勧めてきます。

 

 

 

 

 

全部ウソですけどね。

こういう人が、
割りとポンポンいます。
とりあえず人を勝手に殺しすぎやろ

 

まず共通しているのが、
メールを通して
名前や住所・電話番号等の
個人情報を要求してきます。
もちろん、ここで素直に
情報を送ってしまえば、
そういう人たちに使われる事必至です。

そして最終的には
AmazoneBayPaypal等を通じて
売り主に送金するよう要求します。
一応言っておきますが、
まだここまで車の現物は出てきていません。

そして筆者はこういう事を分かった上で
専用メアドで連絡をとっていますが、
(察した方もいると思いますが)
もちろん車は送られず、
送金したのも帰ってきません。
連絡も、その時点でとれなくなります。

 

 

さて、アメリカの中古車市場では
こんな事ばっか起こったりするので、

  • 必ず現物を見てから購入する
  • ネットを通じて情報やお金を送らない
  • 市場価格から低すぎる車要注意

 

この位は抑えときましょう。
ちなみに先程の方々に「現物見せて」とメールすると
ピタリと連絡が止まります笑

 

てか、そもそもAmazonとかだと
中古車の取引自体が禁止されてます。
それを知らないとこういう羽目になります

とは言え、
現物見る買い物をこっちですると
高いかボロいかボッタクられるか
どれかになってしまうので
そこは悩みどころなのですが。
ひどい車社会だ・・・

 

 

 

さて、そんな訳で
アメリカの
単なる熱い愚痴になったこの記事。
筆者もまだ探している最中なので、
アメリカの中古車市場のあれこれ、
一留学生として何か方法が見つかれば
いずれここでも紹介したいと思っていますが。

 

 

 

ク゛ル゛マ゛た゛っ゛け゛え゛ん゛だ゛よ゛お゛お゛お゛お゛お゛!゛!゛!゛!゛!゛

 

 

では、最後にビジネスに関して
アメリカで有名な言い回しを添えて、
今日はこんなところで。

 

If it is too good to be true, it probably is.

もし話がうますぎるとしたら、つまりはそういうことだ。

 

クルマください(´・ω・`)

 

スミカ(Rick)
→プロフィールはこちら←

 

down

コメントする




学校生活

Nona Reeves

GReeeeN

ポケモン

星のカービィ

こちらの記事が人気です!