プロフィール Profile

プロフィール(日本語)

透佳(スミカ)

ライター。
神奈川県川崎市出身。
米・南ミシシッピ大学(University of Southern Mississippi, 通称USM)教養学部教養学科卒。

アメリカでの4年間の海外留学の後日本に帰国し、
都内英会話スクールにて翻訳・データアナリスト・コンサルタントなどを務める。

留学中に勤めた日本人留学生へのチューター業に加え
2016年より運営しているブログ『Ms. Grumble』・
現職での様々な生徒への学習カウンセリングなどを通じ
これまで海外留学や英語学習を中心に数多くの生徒との対話・指導・アドバイスにあたる。

『全ての日本人の英語力を、「自分より高い水準」にアップさせること』をミッションとし、
自らの海外留学生活や英語学習での体験・指導者としての経験を踏まえ執筆を重ねている。

近著にメイン執筆として携わった『3択!イメトレ英会話』(オープンゲート)がある。

TOEIC L&R 910点取得。今秋に英検初受験を控える。

 

My Profile (English)

Sumika_R (a.k.a. Rick)

Writer.
A bachelor in Liberal Studies (B.L.S.) graduated at the University of Southern Mississippi (USM).
From Kawasaki, Kanagawa, Japan.

Going back to Japan after studying abroad in the U.S. for 4 years, I have worked as a translator, data analyst, and consultant in an English school in Tokyo.

Mainly through the working experience as an academic tutor in a college, as well as managing this blog named “Ms. Grumble” since 2016 and the working experience as the English counselor, I have taught/consulted various students for their improvement in studying abroad experiences and English learning.

Stating a mission, “To improve all Japanese people’s English level to be higher than mine.”, I have continued working for future youth generations.

I published a book as the main editor in June 2020: “3-Choice Image Training English.”

I scored 910 in TOEIC L&R test, and am going to take Eiken for the first time.

 

筆者より From the Writer

『全ての日本人の英語力を、
「自分(私、透佳(スミカ))以上」の水準にアップさせること』

をミッションとし、その一つの手段として本ブログを運営しています。

将来はライター一本で生きていくことが目標です。

  • 英語学習指導・コンサルティング
  • 海外留学コンサルティング
  • SEOライティング・ブログマーケティング
  • その他執筆・連載等

現状、このあたりのことができます。

また、このブログではこれまで以下の連載があります。

基本的に毎日(日本時間で午前0時)更新しています。

本ブログの大きな特徴として、
私、透佳(スミカ)が書きたくない文章は一切書きません。
私が書きたいと思った文章のみを書いています。
但し外部寄稿など、本ブログ以外の場所ではその限りではありません。
換言すれば、本ブログは100%本音で書いています。

本ブログへのご意見やご質問、
記事執筆のリクエストなどは以下の連絡先からどうぞ。

『透佳(スミカ)の著作一覧はこちらから』

『本ブログのプライバシーポリシーはこちらから』

 

ブログ「Ms. Grumble」
筆者、透佳(スミカ)

 

今月の名言 Quote of This Month, August 2020

夢や希望を持つのは悪いことではない。
だが、それはあなたの本心から生まれた夢や希望ではなく、
誰かから与えられた偽物の夢や希望ではないだろうか。
(中略)
歯車として支配されるのではなく、自分で自分を動かそう。

千田 琢哉(文筆家、168冊目の著書『世界に何が起こっても自分を行ききる25の決断本』P.39より)

Having a dream or hope is not that bad.
However, are they really from your own pure thought?
It might be fake ones given by others.

Don’t let them control you. You live yours.

Takuya Senda (Writer, Japan, from his 168th book “25 Decision-Making Books to Live Your Life.”)

タイトルとURLをコピーしました