「生きる」と決めた日々。feat.USM

ミシシッピから留学・英語学習・ボスキャリなどの事を書きたかったブログ ~Evolving Idleness~

アナタだけの強みを追い求める。筆者が考える「留学とは何か」

time 2018/03/08

アナタだけの強みを追い求める。筆者が考える「留学とは何か」

 

どうも、こんにちはスミカ(Rick)です。

今回のテーマは、
留学とは何か』。

先日、大学の課題の一つとして
好きなテーマで数分間喋って
それをオーディオブックにする
というものが出まして。

筆者の場合は、
じゃあどうせだったら
このブログに関連するもの
テープに吹き込もう…と考えていたら
この「根本の質問」にたどり着きました。
寝業師の方じゃなくて

 

という訳で今回は、
そのオーディオブックを元にして
多少の加筆や補足を加えた

アナタだけの強みを追い求める。
筆者が考える「留学とは何か

こちらを、
3本の答え・柱」と共に
紹介していきます。

それでは、どうぞ。

 

 

1.留学とは、「積極性」である。

まずは、他でもない
自らの意志によって
全てを考え、実行すること。

これこそが、留学のあるべき姿です。

海外留学においては、
日本にいては経験や獲得が困難
これらのコトを全身で学ぶ事が出来ます。

  • まずは、外国語
    現地で「実際」に使われるニュアンスや文化を知る
  • つぎに、異文化
    思想・価値観・前提…なにもかもが異なる概念との遭遇
  • そして、プロとしての経験
    ボランティアから始まり、日本では体験出来ない仕事も多い

考え方の淵源からまず異なる以上、
貪欲な心と観察眼をもってすれば
見の周り全てから「学ぶ」ことが出来ます。
上に挙げたのもほんの一例でしかありません

ですが。

これらはすべて、
自分から目標とやる気を持って
学びにいく姿勢」が前提となります。

つまり。

  • 「留学にさえ行けばアンパイ!」
  • 「海外が私を変えてくれる!」
  • 「外国の大学に揉まれれば何か変わるだろう…」

こういった受け身姿勢の輩の存在を
いつまでものうのうと許すほど、
海外留学は甘い場所ではありません。

そもそも、
海外の大学ってそんなに
のらりくらりと乗り越えられるほど
生易しい環境じゃないんですよね。

もちろん言語は全て違いますし、
授業での成績に関しても
平均70%」を守れなければ退学です。

ですが。

そういった厳しさの中にあるからこそ、
そして日本とは全てが異なるからこそ
学ぼうと思えば・そして自ら実行すれば
その分学びの可能性は無限大です。

‘You Get What You Give.’

「海外留学と成績の厳しさ」について
もっと詳しく知りたい方はこちらから

⇒【難関】行きはよいよい帰りは怖い!?アメリカ大学留学における「70%の壁」⇐

 

2.留学とは、「自立」である。

留学とは、孤独な戦いです。

まず、前提として当然ですが
海外の大学に渡ることになるのは
あなた一人だけです。

母国で親密にしていた
家族も友達も先生も、
誰一人同行することは出来ません。
してしまうと、それは留学ではなく「引っ越し」

だからこそ。

今までの人生では
誰かが助けてくれたような
取る必要のなかった責任
やる必要のなかったアレコレ
考える必要のなかった事も含めて、
自分のことは自分でやることになります。

  • 何をいつ・どうやって勉強するのか。
  • 朝はいつ起きて、夜はいつ寝るのか
  • 食事から買い物・洗濯・掃除等、身の回りはどうするか。
  • どこを目指すか。そして、どこを目指さないか。

よく、留学で得られる事の一つとして
バイタリティー」という言葉が
広く挙げられますが、
その本質こそコレなんですよ。

自分の人生を自由に生きれる代わりに、
自分自身の責任から逃げられなくなる。

この様な日々を
ただでさえ慣れない異国の地
こなすことになる毎日ですから、
そりゃあ人格も研ぎ澄まされるのです。

‘You Stand Yourself. You Act Yourself.’

「留学生活と孤独」について
もっと詳しく知りたい方はこちらから

⇒孤独とは「武器」である。留学生活をグッと楽にする「孤独のススメ」⇐

 

3.留学とは、「Make A Difference」である。

つまりは、留学体験を通して
人とは違う自分だけの確固たる武器
身に着けて帰ってくることです。
日本文化でいう所のコーナーで差を付けろ

このブログでも何回か言っている事ですが、

  • 言語
  • 友達
  • 自分探し

この3つに囚われている内は、
あなたの留学生活は
その他大勢の有象無象人生まっしぐらです。

確かに新しい言語は
コミュニケーションの機会を広げますが、
肝心の「何を話すのか」が分からなけらば
その道具は何の意味も持ちません。

確かに新しい友達は
交友や友情といったものを育んでくれますが、
友達は自分の将来に責任をもってくれません。

確かに自分探しは
若いうちには必要なコトでもあるのですが、
留学は自らの持つ目標を研ぎ澄ますものであり
現地で見つけるには遅すぎます。

まず、これらは全て
人生を生き抜くための「手段」であり、
決して「目的」になってはいけない

そしてこれら3つの共通点は、
留学で何を学びましたか?
といざ聞かれた時に
多くの人がとりあえず答えている凡例

そう、凡例なんです。
多大な時間とお金を払う割には、
見返りがあまりにも平凡なんですよ。

 

だからこそ。

  • 英語が話せたからこそ、
    日本では学べないこんな事を勉強出来た!
  • 交友があったからこそ、
    日本では出会えないこんな人と交流出来た!
  • 目標があったからこそ、
    その可能性をひたすら異国の地で追い求める事が出来た!

いかがでしょうか。

  • オリジナリティ
  • ユニークな経験・技術
  • そして、「強み

こういった違い・差別化こそ
あなたが留学生活を通じて
真に追い求めるべきものなんですよ。

もし、日本の大学で
あれまで通りの学生だったら?
と自問自答する時。

絶対に人生が変わっていた
ここで人生を変えることが出来た
と胸をはって言えてこそ、
あなたの留学生活は
とても実りあるものになった…と言えます。

あなただけの、目的はなにか?

そのための、手段とは何か?

これを考えてこそ、
海外留学にはが宿ります。

‘Make A Difference. Make It Better.’

「海外留学と目標設定」について
もっと詳しく知りたい方はこちらから

⇒留学は魔法じゃない。ミシシッピで在学中の筆者が海外留学をオススメ出来ない5つの理由⇐

 

まとめ
What Is Studying Abroad?

  1. 積極性
    自ら追い求めば、確かな強みを手にできる
  2. 自立
    自分自身人生の自由を楽しみ、責任を持つ
  3. Make A Difference
    日本では決して出来ない、あなただけの経験を

もし、このブログにも
既に一応別に貼ってある
この記事の「聴くバージョン」に興味のある方は、
お問い合わせまたはTwitter等にて
筆者に直接お尋ねいただければ幸いです。
諸事情によりパスワード保護しているので

 

ではでは、今回はこんなところで。
ここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。
ご意見ご質問等あれば、「お問い合わせ」またはコメントまで。

スミカ(Rick)
⇒筆者のプロフィールはこちら⇐

 

down

コメントする




今日の留学情報

英語ワンポイントレッスン

Opinion:「生きると決めた日々」

Nona Reeves

GReeeeN

ポケモン

星のカービィ

このブログを書いてる人

スミカ(Rick)

スミカ(Rick)

留学4年目、ミシシッピ2年目 南ミシシッピ大学にて 半ニート生活を送るわかもの [詳細]

こちらの記事が人気です!