卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

「究極、スピーキングとは。」experienced。

ノンフィクション – experienced

甲の指導方針は徹底している。

ないものは出せません。
なので、まずは完璧に出せるように仕込みましょう。
それがスピーキングです

それを聞いた乙は、
自分がパクったのではないかという程に
見覚えがありかつ本質をついている
この理論に改めて惚れ惚れとしていた。

それは乙自身の留学経験からいってもそうだった。

その場でパッと答えられる力は確かに理想だが、
それよりもより根幹かつ大切なのは
決められたことを確実にアウトプット出来る力である。

「英会話」とは一言にいうが、
ネイティブの言うことをその場で聴き取って
ポンポンとキャッチボールしていくなんてことは
そう簡単に出来るようになることではない。

乙もこの「やり取り」は相当苦戦した。

プレゼンで一番難しいのはプレゼンそのものではない。

その後の質疑応答である。

第二言語の場合、
そこで予期せぬ質問が来た瞬間にアウトである。

そうならないためにも、
乙はかつて質疑応答までも
半ば出来レース状態になるように徹底的に仕込んだ。

聞き取りも同じことであり、
自分が知らない言葉は聞き取れないし分からない。

つまり、
コミュニケーションとは事前の仕込みに全てがかかっている
というのが乙の留学経験からの教訓である。

 

…筆者、スミカ(Rick)

「究極、スピーキングとは。」

コメント