卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

英会話におけるライティングの意味。

気づき - ki du ki

スモールトークなどのお手軽な会話ではなく、
本格的に人の心を動かすような英語を話したければ
まずはライティング(英作文)の練習が効果的である。

  • 話の流れの構成力
  • ワードチョイス(適切な言葉の選び抜き)
  • レトリック(修辞)

一旦落ち着いて文字に起こせば、
人を動かす言葉に必須となるこれらの要素を
落ち着いて成文化し、それを話す際にも活かすことが出来る。

書けないことは絶対に話せない。

聞こえない音を
自分では絶対に発音出来ないのと同じである。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
スピーチやプレゼンに代表されるが、
第二言語でそらで話せることには限度がある。
そのための準備としてのライティングなのだ。

コメント