卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

休憩。

気づき - ki du ki

水分補給についてこんな言葉がある。

「水分補給は
喉が乾く前にするべきものだ」と。

特にスポーツにおいて、
適切な水分補給が
出せるパフォーマンスと直結することはいうまでもない。

問題はそのタイミングだ。

喉が乾いたと自覚する頃には、
体はもう既に大分干からびている。

その状態から
適切な体内水分量に戻すためには
それなりの手間と時間がかかるし
その間パフォーマンスも戻ってこない。

休憩もこれと同じことだ。

「疲れた」と自覚したときに
ようやく休憩をとるようでは遅すぎる。

そういった状態にならないように
予防としてとるのが本来の休憩だ。

「一段落着いたな」

「そろそろ疲れてきそうかな」

「お、もうこんな時間か」

こういったタイミングを
見計らって休憩をとることだ。

そしてポイントがもう一つ。

休憩の頻度は高い方がいいが、
時間まで一緒に長くしてはならない。

休憩の原則として、
休憩前の集中力に戻すためには
休憩した時間と同じだけの時間がかかる。

つまり、
1時間もどっぷり休憩してしまうと
再び集中モードに入るためにも追加で1時間要する。

とりすぎは禁物である。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
定期的な休憩は大切だが、
休憩が目的になったら人生どんまい。

コメント