卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

スピーキングは暗記科目。

気づき - ki du ki

発音・イントネーション・リンキングなど
いくつかの要素を抑えていれば、
最終的にスピーキングは暗記力の勝負になる。

英会話においては
いかに相手の話を素早く・適切に理解をした上で
最適な返事を選び抜くかが大切である以上、
スピーキングで困っていてはお話にならない。

「こう言いたい!」という状況になったときに
そのフレーズの最初の数語が瞬時に口から出るように
英文を骨の髄まで染み込ませておく必要がある。

こればかりは英文法や理屈ではなく、
意味ごと丸暗記でも構わない。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
「気の利く表現」を追い求めると終わりがないが、
一定の意思疎通を目的とするのなら
自分が話す量は暗記した最低限でいい。

コメント