卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

イントネーションとアクセントの関係性。

気づき - ki du ki

単語ごとの強く読む場所を決めるのがアクセント。

それに対し、
文章全体として強く読む箇所・流して読む箇所を
決めているのがイントネーションだ。

ここで大切なのは、
イントネーションはアクセントを凌駕する
ということだ。

文章の中で特に伝えたいところは
強くゆっくり発声するのに対し、
それ以外のパートはサッと流して話す。

アクセントも、
イントネーション上強いところはきっちりつけるが
そうでないところはつけずに平坦に読むことも多い。

TED Talkなどを見れば分かりやすいだろう。

アクセントは辞書で調べれば分かるが、
イントネーションという「息遣い」は
ネイティブを参考にして徹底的に盗むことだ。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
イントネーションを付ける一番シンプルな方法。
それは発する言葉にメッセージを込めることだ。

コメント