卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

パラグラフ・ライティングとはOREOである。

今日の留学情報

これまた当たり前すぎて書いてこなかったが、
ライティングを勉強する以上は
初歩中の初歩であるこの概念は外せない。

このブログでも何度か取り上げているOREOは、
元々は一つのパラグラフを構成する
英文の順番・各文章の働きを示したものなのだ。

  1. O…Opinion、書き手の意見や概要・テーマ。Topic Sentenceとも。
  2. R…Reason、上のOの「なぜ」「どうして」を理詰めで説明する。
  3. E…Example、上のRの「例えば」を証拠付きで説明する。
  4. O…Opinion、「だから」「という訳で」Oをもう一回述べて締める。

この4つの要素をカバーして
かつ文章同士がしっかり有機的に絡み合うように書けば、
パラグラフ・ライティングで大きく外すことはない。

そしてもう一つ大切なことを。

一気にごちゃごちゃしてしまうから、
一つのパラグラフに
2つ以上の異なる意見・テーマ(O)を入れないことだ。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
もう時効だと思うのでここで告白。
私の高校時代の英語の授業で、
パラグラフ・ライティングの練習があった。
良く書けた生徒へのご褒美が他ならぬオレオだった。
A先生、今もお元気だろうか。

コメント