卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

シャドーイング。

気づき - ki du ki

英語学習法の一つとして知られる
シャドーイング(Shadowing)。

元々は通訳養成の訓練の一つとして開発されたもので、
「聴こえてきた英文をすぐに後追いしながら復唱する」
というのはご存知の通りだ。

正しく使えばかなり効果的かつ効率的な
訓練であることは確かなのだが、
いくつか注意点がある。

まず、シャドーイングをする際には
目的を一つに絞らなければ何の意味もない。

何も目的なしでやるのは論外だが、
あれもこれも一度にやろうとするのも問題である。

シャドーイングをする目的は
以下大きく分けて3つだ。

  • ネイティブのイントネーションを刷り込む
  • ネイティブの発音を刷り込む
  • 「聞いてからすぐ口に出す動作」を通して
    音声認識の自動化・速度・精度を上げる

やってみれば分かるが、
これら全てを一気にカバーするのは不可能だ。

どれも手つかずになってしまう。

イントネーションならイントネーション、
発音なら発音、
音声認識なら音声認識…と
明確な一つの目的を持つのが模範解答である。

そして、これらの理由もあり
初心者がいきなり手を付ける練習法でもない。

慣れないうちは
「Repeat after me(単なる復唱)」でも十分だし、
音声認識の自動化まで持っていくためには
まずはディクテーションが出来ていないとお話にならない。

ディクテーションとの違いは、
「聞いたその場で瞬時に」「発声する」ことである。

つまり相当に負荷が重い。

三大基礎(単語・文法・特に発音)も
既に仕上がっているのが前提でもあるので、
いきなり手をつけるのはやめよう。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
ぶっちゃけるが、
シャドーイングなんて一切やらないのもアリではある。
通常の復唱ないしレスポンストレーニングで十分間に合うし、
私自身もほぼ全くやってきていない。

コメント