卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

キツい授業を取るメリット。

今日の留学情報

ハワイの短大在学時、
こんなクラスをとったことがある。

毎日出される何十ページもの予習読解。
週末には100ページ弱もの量に増え、
各範囲ごとに感想文(学術的)の提出を求められ、
クラス内ではそれら全て前提の議論が交わされた。

クラス人数僅か7人の
「Japanese Culture」の授業だった。

当初は週末、土曜どころか日曜昼頃まで
その課題のみに全て潰されていた。

追い詰められた結果、アイデアが生まれた。

それがこのブログに記事として綴ってきた
予習であり、継続力であり、生活習慣だった。

おかげさまで、その後から現在に至るまで
大学の課題で「ヤバい」と思ったことは一度もない。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸1】
流石に全授業鬼を取れとは言わないが、
敢えて一つは取ってみると人生が変わる。

【追伸2】
学期が終わる頃、先生にこっそり
「7人中5人は評定C以下だったわよ」と
教えてもらったのはいい思い出だ。
H先生、今も元気かな。

コメント