ミシシッピ留学生のぼやき。feat.USM

米南部の片田舎から留学・英語学習・ボスキャリなどの事を書きたかったブログ ~「生きる」と決めた日々~

キツい授業を取るメリット。

time 2018/08/13

キツい授業を取るメリット。

ハワイの短大在学時、
こんなクラスをとったことがある。

毎日出される何十ページもの予習読解。
週末には100ページ弱もの量に増え、
各範囲ごとに感想文(学術的)の提出を求められ、
クラス内ではそれら全て前提の議論が交わされた。

クラス人数僅か7人の
「Japanese Culture」の授業だった。

当初は週末、土曜どころか日曜昼頃まで
その課題のみに全て潰されていた。

追い詰められた結果、アイデアが生まれた。

それがこのブログに記事として綴ってきた
予習であり、継続力であり、生活習慣だった。

おかげさまで、その後から現在に至るまで
大学の課題で「ヤバい」と思ったことは一度もない。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸1】
流石に全授業鬼を取れとは言わないが、
敢えて一つは取ってみると人生が変わる。

【追伸2】
学期が終わる頃、先生にこっそり
「7人中5人は評定C以下だったわよ」と
教えてもらったのはいい思い出だ。
H先生、今も元気かな。

こんな記事も書いてます。

down

コメントする




関連記事

今日の留学情報

1444

英語ワンポイントレッスン

ボストンキャリアフォーラム(ボスキャリ)

Opinion:「生きると決めた日々」

時事ネタ

Nona Reeves

GReeeeN

ポケモン

星のカービィ

このブログを書いてる人

スミカ(Rick)

スミカ(Rick)

留学4年目、ミシシッピ2年目 南ミシシッピ大学にて 半ニート生活を送るわかもの [詳細]

こちらの記事が人気です!