卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

まずは聞けないと。

気づき - ki du ki

当たり前だが、
英会話とはコミュニケーションである。

会話のキャッチボールといってもいいだろう。

つまりは、
相手が話していることに
反応したり返事をしたりすることで
初めて会話が成立する。

プレゼンやスピーチなどの
完全一方通行の英語というのは
(厳密には一歩通行のプレゼンは二流だが)
厳密には英会話ではない。

そこにキャッチボールがないからだ。

自分が言うべきことというのは
相手の言っている内容によって
その場その場で変わってくるのだから、
まずはリスニングが出来ないと文字通りお話にならない。

多くの日本人英語学習者は
ここをつい忘れてしまいがちだ。

「英会話」というと、
つい話す方にフォーカスしてしまう気持ちは分かる。

だが、一番大事なのは
今目の前の相手は自分に何を尋ねているのか」を
瞬時に理解できるようになることである。

話はそれからだ。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
これは日本語においてもそうだが、
会話をする、ということを
「自分が一方的に話し続ける」ことだと思っている人は
なかなかどうして手に負えない。

コメント