卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

因数分解と仮説。

気づき - ki du ki

目の前・現象面で何か問題があって、
その原因を突き止めるプロセスにおける
仮説構築の一助となるのが因数分解だ。

数学的な言葉を使ってはいるが、
要は「一つの要素を
それを構成する複数の子要素に分けて考えよう
ということである。

例えば
「売上が伸びない」という課題があったとする。

それは商品自体に問題があるのか。

その流通や販売媒体に問題があるのか。

プロモーションに問題があるのか。

コスト面で問題があるのか。

ちなみにこれを
マーケティングの4大要素として
4Pというらしいが(今知った)。

  • Product(商品の価値)
  • Place(流通や販売環境)
  • Promotion(プロモーション:広報)
  • Price(値段や費用)

現場の一次情報と照らし合わせながら、
「じゃあこの部分に何か問題があるのかもな」と
データ分析の仮説が立てやすくなる。

無論、これらそれぞれのPにもまた
いくつかの子要素が下にぶら下がっているので
その際にも因数分解は頼りになる。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
一応データ分析で飯を食っているというのに、
恥ずかしながら今更ちゃんとした勉強をし始めた。

コメント