卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

接客業の大前提。

気づき - ki du ki

「あ、これが当たり前じゃない人もいるんだ」と
先日ふと気づいたことがあった。

それは接客業において、
サービスを提供する側の都合は一切関係なく
サービスを受ける側がどう思ったかが全てだということだ。

接客業のみならずあらゆる商売は、
たとえいかに素晴らしい商品・サービスがあったとしても
それをお客様が「すごい!」と認識出来なければ
最初からこの世に存在しないのと同じことである。

自分たちがどう、ではなく
文字通りお客様に寄り添って
お客様が一番求めるものをドンピシャで差し出せば
商売が成り立つどころか相手はメロメロになる。

「分かってあげられない」と悩むべきところを
「あの客は分かってくれない」とほざくような人は
金輪際お金を貰って接客をしてはいけない。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
根本的に他人に興味がないのも分かるが、
それをお客様の前で出すのはプロではない。

コメント