卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

『外国語学習者を動機づける10カ条』。

今日の留学情報

1998年、
ハンガリーの外国語教師へのインタビューを元にして
外国語学習者を動機づける10カ条』という論文が発表された。

いわば、外国語を教える立場の人間が
いかに学習者をサポートするかのルールだ。

1.教師自身の行動によって、見本を示すこと
2.教室に、楽しく、リラックスした雰囲気を作り出すこと
3.タスクを適切に提示すること
4.学習者と良い人間関係を築くこと
5.学習者の言語に対する自信を深めること
6.授業を学習者の関心を引くようなものにすること
7.学習者の自律を促すこと
8.学習プロセスの個人化を図ること
9.学習者の目標志向性を高めること
10.学習者に目標言語文化に慣れてもらうこと

Dōrnyei, Z., & Csizēr, K. (1998). Ten commandments for motivating language learners: Results of an empirical study. Language Teaching Research, 2, 203-229.

既に20年以上前の文献であるが、
今巷で騒がれている「英語コンサル」の
原点や本質は全てここにつまっているのではなかろうか。

それこそこれだけで本が一冊書けそうな勢いだが、
特に着目したいのは
教師自身の行動によって、見本を示すこと』が
一番に挙げられていることだ。

まずは教師から動き、最高の結果を見せた上で
生徒を「こうすれば出来るようになります」と適切にリードする。

教育者としての一つの理想像である。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
この10カ条は読めば読むほど深い。
特に人に教えることを生業とする方々には
ぜひ全身の細胞に刷り込んでいただきたい。

コメント