卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

性欲とはポテンシャルである。

今日の留学情報

思春期の青二才全員が
必ず一度は自分の心の中で葛藤するのは、
「地球上で一番僕/私が変態だったらどうしよう」
という悩みである。

ここで正直に告白しておくが、
かくいう私もその一人であった。

だが世界は広く、
見渡せば上には上がいるものであり
私も先日「自分以上の変態がいること」を一次情報で知った。

さて、本題である。

性欲の強さ・瞬発力・持久力というのは
一つのポテンシャル(潜在能力)だと考えると分かりやすい。

内に秘めた莫大なエネルギーという意味で、
その人の可能性を示すバロメーターだといえる。

それが本当にセックスの方に発揮されるのか、
日常の仕事に情熱としてぶつけられるのかは
その人次第なのだが。

「英雄色を好む」というのも事実であり、
もちろんマイナスに暴発させた場合は
日頃ニュースで報道されている通りの結果になる。

強大なエネルギー源であり、かつそれを
プラスに使うかマイナスに使うかは当人次第
と書くと、どこか運に通じるものを感じる。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸1】
成功者とは、
「セックスより気持ちいいことを見つけた人」のことである。

【追伸2】
え?留学関係ないですって?
この大学(USM)だけであることを切に願うが、
大学構内の複数の売店や自動販売機には
コンドームが堂々と売られている。見た時は笑った。

コメント