「生きる」と決めた日々。feat.USM

Fall Term Comes at Southern Miss. I Guess I Am Japanese.

決して良い事ばかりではない!アメリカ留学生活の宿命「ルームメイトとストレス」のリアル5選。

time 2017/06/27

決して良い事ばかりではない!アメリカ留学生活の宿命「ルームメイトとストレス」のリアル5選。

 

どうも、こんにちはスミカ(Rick)です。

部屋がうるせえ。(半ギレ)

MajiでOkoする5秒前である。
あ、古すぎたか。

さて、今回はどんな記事にするか
迷っていたんですが、
今まさに筆者自身が悩んでいる事を
そのまま記事にしちまえばいんじゃね??」と思い、
こうして今に至るのでございます。
後の手抜きブロガーである

今、筆者は大学のとある寮にて
2人部屋にて生活をしているのですが。

もう、色々と限界近いです。
なので、秋学期からは晴れて
寮内に限定で設置されているシングルルーム
意気揚々と引っ越す予定でいます。

という訳で今回は、
アメリカでの海外留学には欠かせない一コマである
寮生活・ルームメイトとの共同生活」において
事前にちゃんと知っておくべきこんなコト。

決して良い経験だけ出来るわけじゃない!
アメリカ留学「寮生活とルームメイト」のリアル5選

こちらを、筆者の経験等も踏まえながら紹介します。
※アメリカではルームメイトは「ルーミー(Roomy)」と呼びます

 

 

1.「見ず知らずの外国人と
同じ空間で生活すること」の恐ろしさ

海外留学において「寮生活」というと、
新しい友達に出会えて一緒に屋根の下、
互いの文化や言語を教え合いながら・助け合いながら
時にはワイワイパーティなんかしたりして
ステキな共同生活になるんだろうなあ…という
淡い希望を抱いている留学志望生も多いかもしれません。

その『幻想』は、今すぐ捨ててください。

確かに、海外留学をする事の大きなメリットの一つとして
異文化コミュニケーション」が挙げられます。
全く異なった文化や言語・背景を持った人々が集まって
一緒に大学生活を送る・・・
確かに、これは留学する事の利点の一つです。

ですが。

ただ「交流する」のと「同居する」のとでは
その事情や実際は全く違います
脅すつもりはありませんが、特に最初の学期となると
現地の友達も全く居ない中で生徒をランダムに指名されます。

例えば、あなたは
そこら辺で歩いているような
見ず知らずの外国人と明日から同じ部屋に住めますか?

初見のアメリカ人といきなり同居するというのは
決して「明るい部分」だけではない、という事を
渡航前から頭の中に刻んでおいてください。
ちなみに筆者は、これが生理的に無理でした。

 

2.寮生活において
「常識が通用しない」はストレスになる。

日本人が特別多い場所は別にして、
大半の海外留学でルーミーを探すとなると
いわゆる外国人と一緒の部屋を振り分けられます。
ここでは大きく「アメリカ人」といっておきますが、
彼らに日本の常識はまったく通用しません。

つまり、日本では
「え?言わなくても常識では?」
「この位は考えてくれよ・・・」
という行為や考えこそ彼ら自身の常識です。
この常識のズレは、寮生活において非常に大きなストレスになります。

例えば、

  • 貸したものは永遠に返ってこない。
  • そして一回でも貸してしまうと以後たかられる。
  • 冷蔵庫に何かを入れたが最後、無断で消費される。
  • 土足の場所でも平気ではだし。そのままベッドイン。
  • 冷房は一日中ガンガン。もちろん付ける際は無断。
  • 夜間に音をたてる・電気をつける・人を連れ込む等
    遠慮もデリカシーも一切ない。
  • 身の回りからモノの使い方まで、とにかく汚い。

私たち日本人からすれば論外ですが、
彼らアメリカ人にとってはこれらほんの一例の行為は
なんら当たり前であり、彼らの人生における常識です。
それを矯正する事が極めて困難なのは、言うまでもありません。
常日頃からこの様な経験を繰り返してしまえば、
留学生活において大きなストレスになってしまいます。

 

3.もし、ルーミーが
宗教を信仰していたら?

日本の大学生活ではほぼほぼないのが現状ですが、
アメリカ人でルーミーを探すとなると
何かしらの宗教を信仰している生徒に結構あたります。
そしてアメリカでメジャーな宗教は、キリスト教
アジアが中心の仏教徒は、ほぼほぼいません。
少なくとも筆者は一度も見たことがありません

別に宗教を悪くいうつもりは全くありませんが、
特に日本の学生の方々は
「宗教的な思想」「宗教的な考え」に疎い場合が多く、
その結果誤解を招いてしまうことがあります。

一つ例を出して誤解を恐れずに説明すると、
イエスという一神を信仰するキリスト教徒にとっては
イエス(と聖書)こそが絶対的な正義であり、
その教徒(クリスチャン)第一主義の思想を持っています。
中には、アツイ勧誘をしてくる信徒も一定する存在します。

「宗教観」は人それぞれでありその意思決定も各々ですが、
もしルーミーが何かしらの宗教を信仰していた場合
この日本人にはあまり馴染みのない点
生活をする上で新たに『考慮』する必要が出てきます。

 

4.「仲が良い」と
「一緒に暮らせる」は100%違う

さて、これまでの点を考慮した上でも
留学生活において嬉しい友達との出会いが
もしかしたら待っている方もいるでしょう。
留学生としてのコミュニティや交流会・
そしてもちろん日頃の授業や生活に至るまで…
人と巡り合うチャンス」は、確かに豊富に存在しますし
息の合う・人の好さそうな人と出会うこともあります。

ですが。

「普段話していて馬が合う」ことと
「同居生活をおくるにおいて相性が良い」ことは
全くの別問題として考える必要があります。

というのも、例えば仮にルーミーと
仲が良すぎてしまうとそれはそれで
夜遅くまで話し込んだりしてしまうので問題ですし、
放課後や週末の予定に関しても
良く言えば「ずっと一緒に過ごしていられる」、
悪く言えば「自分の時間が少なくなる」事を意味します。

そのうえ、話している時は良い人でも
いざ生活面で様子を見てみると
以前は見えてこなかった負の一面
新たに見えてきてしまう…という事もおこります。

もちろん仲が悪すぎるもの論外ですが、
海外留学での寮の共同生活においては
仲が良すぎるのも考えモノなのです。

 

5.日本人特有の
「遠慮と謙虚」は寮生活のになる。

日本人に特徴的な考え方の一つとして、
遠慮・謙虚」という思想がありますよね。
こうして海外留学をおくる筆者ですが
失くしてはならない日本の立派な文化だと思っています。

アメリカでの寮生活においては
ちょっと非情になる必要がありますが。

日本人がこのような人格だ…という事実は
アメリカ人の中でも広く知られるようになりました。
もちろん全員が全員そうではありませんが、
ただ単にNinjaとSamuraiだけのイメージだけでは
なくなってきているアメリカ人が多くなってきています。
後反応がいいのはTokyoとかsushi、あとはCool Japan系統

その結果、悲しいことに
そこを付け狙うアメリカ人も一定数います。
もちろん、寮での共同生活も例外ではありません

  • 配慮⇒気付かれません。感謝もされません
  • 思いやり⇒踏み倒されます。
  • 掃除⇒毎回やらされます。
  • 何も言わない⇒大丈夫だと思われます。
  • 我慢する⇒何をやっても安パイだと思われます。

日本人の「察する文化」はここにはありません
そういうものです。

なので、これは留学生活全体にも言えることですが
自分の思う事や希望・意志などは
自分の口からハッキリと言いましょう。
そうしないと、
アメリカでは勝手に「そういう事」にされます。
それが日本人の都合の良い方に行くことは、まずありません。

 

 

まとめ
アメリカ留学における寮生活の注意点

  1. ルームメイトは赤の他人であることをしっかり自覚する
  2. 日本の常識では・・・」がそのままストレスになる
  3. 宗教を信仰している人と一緒に暮らすことになる可能性もある
  4. 仲が良い」からといって「一緒に暮らせる」とは限らない
  5. 日本人の「謙虚と遠慮」をしすぎると大きな損をする

あ、もちろんなんですが
アメリカ海外留学の寮生活においては
今後何十年も関係が続くような
それこそ運命の出会いも十分起こります。
大学生活という時期を共に過ごした経験は
互いにとって一生の大きな財産となってくれます。

ですが、だからといって
寮生活のルーミーに「期待しすぎる」のは禁物です。
アメリカ留学に対して一種の幻想を抱いてしまうと
実際その希望が外れた時の絶望が大きくなるので、
良い点・悪い点とあらゆる状況を事前に想定しておきましょう。

そして、最後に一つ。

 

いびきがうるさい人は大勝利やでえ。
勝手にシングルになれるから

 

ではでは、今回はこんなところで。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

スミカ(Rick)
⇒プロフィールはこちら⇐

 

お知らせ。

⇒本企画の実施要項はコチラから⇐

アメリカを巡るのインタビュー企画
OneListenOneSoul」において、
来月7月に「ディープサウス日本人編」を実施します!
日本人がほとんどいない地域において
住むこと・生きることを決断した日本人たち。
その暮らしや仕事にかける情熱、そして
未来の日本に残したいメッセージに迫ります。

その未知なるインタビュー巡業プロジェクトにおいて、
ただいま本ブログ「『生きる』と決めた日々。」では
今月中においてクラウドファンディングを実施しています。
クラウドファンディング終了まで、残り3日となりました。
ぜひ、ご拡散・ご協力をよろしくお願いいたします

現在(6/27現時点)の交渉推移

インタビュー実施確定・・・18/30人(目標)

  • フロリダ州・・・9人
  • テネシー州・・・3人
  • ジョージア州・・・5人
  • サウスカロライナ州・・・1人

⇒クラウドファンディング特設サイトはこちらから⇐

⇒「OneListenOneSoul」に関してはこちらから⇐

⇒「こんなコトをする理由」や「筆者の信念」もまとめました⇐

 

down

コメントする




学校生活

Nona Reeves

GReeeeN

ポケモン

星のカービィ

こちらの記事が人気です!