ミシシッピ留学生のぼやき。feat.USM

米南部の片田舎から留学・英語学習・ボスキャリなどの事を書きたかったブログ ~「生きる」と決めた日々~

5つ星のホットドッグ?フロリダ州タラハシーの「The Crum Box Gastgarden」が最強だった…

time 2017/07/02

5つ星のホットドッグ?フロリダ州タラハシーの「The Crum Box Gastgarden」が最強だった…

 

どうも、こんにちはスミカ(Rick)です。

 

さて、今回の記事なんですが
アメリカ南部グルメシリーズです。
ディープサウス(アメリカ南部)という地域には
日本ともアメリカとも異なる独特の食文化も存在します。

筆者本人のポリシーとして
ぶっちゃけあまりちゃんと調べずに
とりあえず現地まで行っちゃうので、
「こんなジャンルも!」という要望等あればお知らせを。

さて前振りが長くなってしまいましたが、
ここフロリダ州タラハシーにおいてなんと
レビュー5つ星のホットドッグ屋が存在する
という情報をゲットし、さっそく行ってみました。

 

それがコチラ、『The Crum Box Gastgarden』。
・・・なんですが

【悲報】今回、すげえ怪しい

赤と青に塗られたプレハブ小屋(?)的な店構え。
この様な形の店がいくつか集う地帯でしたが、
土曜昼間にも関わらず人気(ひとけ)はほとんどありません。
そして、何故か店の周りが全面芝生で歩道がない。
しかもその芝生が草濃いんですわ

 

あんな武器こんな草が出てきそう(映画の見過ぎ)

そして写真だとちょいと分かり辛いんですが、
いわゆるこのレストランブースの広さが
モーテル一部屋と大体同じ(と屋外)という抜群の狭さなので
その辺も含めて独特の雰囲気を醸し出してました。
何も知らなかったら完全にバーですよね、ココ。

 

そんな中でそそくさと
にーちゃんにメニューを出してもらったんですが、
そこでもある意味初めての驚きがありました。

  • ホットドッグ(ビーフ/ポーク)
  • ミートボール・サブ
  • ベジタリアン・サブ

メニュー、これだけなんですよ。
いわゆる「こだわりの個人経営」の所としては
品目が少ないってかなり珍しい気がする。
日本の職人みたいでカックイイとは思う

 

という訳で、
この店自他ともにイチオシである
名物自家製「Punk and Gut: Original
(直訳すると『パンとソーセージ』)を待つこと15分
普通はこんなにかからない。つまり・・・?

Hot dog(ホットドッグとは言ってない

どうみてもサンドイッチだろ、というツッコミは
アメリカ南部においてはもはや野暮である。多分。
そしてソーセージレタストマトで中身は以上、
余計なソースや具材は一切ナシというドのつくシンプルさ。

という訳で、とりあえず実食。

・・・

・・・

・・・・・・

 

びゃあうまいあ、超旨いわコレ。

もちろんビーフの旨味もあるけど、
それぞれの具材の味が
コンビとして完成されきっててムダが一切ない

そしてマヨネーズやドレッシング系統はともかく
ケチャップやマスタードですら一切使わずに食べれる。
ホットドッグってこんなに旨いんや・・・

断面図を失礼。

アメリカでは中々お目にかかれない、
というか筆者個人の人生でも見たの始めてかもしれない
自家製粗挽きソーセージというこだわり様。
そして実は、直径がなんと500円玉くらいあるので
肉のジューシーさスパイス辛み旨味
口の中でガツン!!と感じることが出来ます。

フロリダ州立大やA&Mからも程近いこの場所で、
安上がりなジャンクフードではなく
一つの完成された立派な料理」としての
ホットドッグが食べられる、ここ『The Crum Box』。
フロリダ州タラハシーに寄る機会があれば
ぜひぜひ行ってみては・・・というか
ここら辺の大学生が異常にうらやましい。

『The Crum Box Gastgarden』
⇒公式Facebookはこちらから⇐

 

ではでは、今回はこんな所で。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。
ご意見ご質問等あれば、「お問い合わせ」またはコメントまで。

スミカ(Rick)
⇒プロフィールはこちら⇐

 

down

コメントする




関連記事

今日の留学情報

英語ワンポイントレッスン

ボストンキャリアフォーラム(ボスキャリ)

Opinion:「生きると決めた日々」

時事ネタ

Nona Reeves

GReeeeN

ポケモン

星のカービィ

このブログを書いてる人

スミカ(Rick)

スミカ(Rick)

留学4年目、ミシシッピ2年目 南ミシシッピ大学にて 半ニート生活を送るわかもの [詳細]

こちらの記事が人気です!