卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

最終的な英会話力は。

気づき - ki du ki

語彙力に比例する。

英会話における他の要素である
文法・発音・抑揚・リスニングなどといったものは
全て「このレベルに達すれば大丈夫」という合格点がある。

ところが語彙ばかりはそうはいかない。

どれだけ聞き取れたり読めたりしたとしても、
「でもこの言葉の意味が分からない」で全てお陀仏だからだ。

「熟語やスラングも含めると
確かに量は莫大だけど、一応終わりはあるのでは?」
というのはナンセンスである。

なぜなら言葉の数は毎年増えているからだ。

毎年の終わりごろに発表される流行語の中に
「なにこれ?聞いたことない」という言葉があるのは、
それが新たに生み出された語彙である何よりの証拠である。

広辞苑や大辞林などの国語辞典を見てみればいい。

版を重ねるごとに、
削られる言葉というのは基本ないが
追加される言葉の数はどんどん増えていっている。

それは英語・英語圏とて同じことである。

畢竟、
毎年増え続ける上に、事前に知らなければゲームオーバー
という語彙力が最終的には英会話最大の壁となる。

あれだけ批判された受験英語の
ある種象徴ともいえる単語帳に
一周まわって戻ってくると思うと、
どこか感慨深いものがないだろうか。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
ここまで読んでくれたあなたに、語彙力増強のヒントを。

  • 英語の意味は英語で調べて、分からない英語が出てきたらさらに調べる
  • 日本語を見るたびに「これって英語では何て言うんだろう」と考えるクセを作る
  • 街中で見る英語のコピーに「自分ならこんな言葉は選ばないな」という視点を持つ

コメント