卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

緊張の原因。

気づき - ki du ki

私淑する某文筆家は、
人が緊張する原因はたった2つであると述べている。

それは準備不足自意識過剰だ。

本来は100の準備をしなければいけなかったのに、
準備を50で止めてしまったことで
その埋めきれていない差の50が緊張として表れる。

準備不足。

本来は50のパフォーマンスしか出来ないのに、
自分の能力の輪を超えて
100のパフォーマンスをしようとすると、
その理想と現実のギャップが緊張となって表れる。

自意識過剰。

この状態を脱するためには、
極限まで事前に準備・仕込みをしておいた上で
本番では「半分も出せればいい」
という境地に達するのが一番だ。

100出す為には、
200も300も準備しておこう」という考え方だ。

そしてもう一つ。

自分の分・限界をわきまえることだ。

ビジネスの世界では
いくら努力しても努力しても
一生追いつけない、ということは山の様にある。

追いつけないのはもちろんのこと、
努力してももうこれ以上成長しない…
なんていう限界に当たることも星の数だ。

才能格差である。

他人は授かっていて、
自分は授かっていないという
その事実をまずは受容しよう。

そうすれば、
自意識過剰なしの
「ありのままの自分」が見えてくる。

徹底的に準備をした上で
淡々と自分自身の為すべきことを為せば、
緊張からはオラサバできる。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
そしてもう一つ。
言い訳しないこと。
飲み込んだストレスは
次の準備に使うエネルギーにしよう。

コメント