卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

なぜ受験英語では話せないか。

気づき - ki du ki

突き詰めて考えると、
書き言葉と話し言葉は全く違うものだから
という一言に全て集約される。

現行の英語教育で日本人が教わっているのは
読み書きを中心に
正しさを第一とするかなりフォーマルな英語だ。

だが、こと英会話となると
最低限の基礎さえ踏まえていれば
後は言い方は悪いが伝わればオッケーの世界だ。

日本語で話すときに
わざわざ太宰治の小説のような話し方をしていては
伝わるものも伝わらない。

いくら形式ばった表現を勉強したところで、
それだけではその辺のJKと会話が出来ないのは
日本語も英語も全く同じだ。

畢竟、話せなくて当たり前なのである。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
日本人にとっての難易度が
「日常会話ビジネス英語」なのもこの為。

コメント