卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

学術論文の難点。

今日の留学情報

ソース(根拠・証拠)の伴わない意見は
全て妄想として扱われる点だ。

ここでいうソースとは、

  • 自らラボでの実験・調査をした資料(一次)
  • 過去に誰かが実験・調査した内容(二次)

この二つのみである。

自らの経験や出来事というのも、
ソース抜きでは「信用度ゼロ」として扱われる。

つまり、
自らラボに入って調査の一翼を担い
かつそれを自分の論文のテーマにしない限り、
過去の誰かの研究におんぶにだっこしなければ
全く論文は書けないということだ。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸1】
その為、大半の文系には地獄。

【追伸2】
言ってしまえば、
「私の意見を支えられる既存ソースを
探して参考資料にしましょう!」
というのは全て二番・三番煎じなんだよね。

コメント