卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

1泊100ドル~のモーテルの使い道。

今日の留学情報
  • Hampton Inn (ハンプトン・イン、by Hilton)
  • Fairfield Inn (フェアフィールド・イン、by Marriot)
  • Hyatt Regency (ハイアット・リージェンシー、by Hyatt)

モーテルと呼ぶには若干豪華すぎるが、
アメリカで一泊100ドルを超えると
このあたりのホテルも選べるようになる。
(NYやロス等、都会は除く)

ビジネスで訪れる場合やゲストと話す時など
社会人として最低限の体裁は保ちたい」時は
これらからホテルを選んでおけば間違いない。

高級ホテルとの違いは、モーテルと同じ。
最低限のサービスなので、
例えば駐車や荷物運びは自前で行う。

「わざわざ人に来られると煩わしい」
という人にこそ。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸1】
実は、備えつけのコーヒーを飲みながら
ラウンジでくつろぐぐらいならタダ。
一回インタビューやったけど、終始快適だったよ。

【追伸2】
個人的には、ChoiceのComfort Suitesを推したい。
全部屋スイートだから、日本人には相当広い。
安心と信頼のチョイスブランド。

【追伸3】
もちろん、大学生が
缶詰する際の最終手段場所としては最高。
ベストのパフォーマンスが出せる。

コメント