卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

アメリカの大学における教養学部の動向。

今日の留学情報

USMの教養学部の教授の一人と、
なぜ教養学を専攻に?」について話し合う機会があった。

「専門がないのが専門」である以上、
アメリカでもかなり特殊な立ち位置のようだ。

その教授曰く、数十年前からアメリカでは
「専門性を高めて一流のプロになろう」という考えが主流になり、
教養学はどこか端に追いやられていた節があった。

だがここ数年になって、
「専門バカではいけないよね」
「自分の適性を見つける為にも、色々触れておくべきだよね」
と教養学専攻の価値が見直されてきている。

一見超のつく合理主義に見えるアメリカ人が、
モラトリアム・遠回りの大切さにも気付いた好例である。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
さて、日本は何周遅れだろうか。

コメント