卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

『予めご了承ください』。

今日の留学情報

英語だと’Please note that…’や
‘Thank you for understanding’がそれにあたる。
(後者は「ご理解ありがとうございます」という意味もあるが)

言うまでもなく、
「予め」とは「前もって」という意味だ。

予め了承してほしいのであれば、
前もって伝えておく必要があるのは当然である。

だが、この言葉を使う人は
「予め」と言っている割には
本当に前もって通知をしてくれた訳ではない。

いざ現地・本番になって初めて、
そういえば、こういう事になっているので
今ここで了承してくださいね。質問は受け付けませんよ
という後出しじゃんけんの極致をかます。

どんなに素敵な人・ビジネスでもこれは萎える。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸1】
未来の出来事について「予めご了承~」は分かるが、
既に起こった事について「予め~」はかなり失礼。

【追伸2】
留学において言えば、
メールの文章に毎回’Thank you for understanding’
と書いてくる教授・事務員は
人間性に問題があるか、こちらを相当見下している。
無意識でやっているのが尚更罪が重い。

コメント