卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

やりがい。

気づき - ki du ki

「やりがいがあるので安いギャラでやってね」
というのは、苦しい。

しかし、
「やりがいがあるから高いギャラだよ」
というのも苦しい。

やりがいという
いわば一個人の気分それ自体は
その報酬には一切考慮するべきではない。

そのパフォーマンスが高くなるのなら
それ相当に報酬を支払えば良いし、
それによってむしろ悪くなるのなら
それ相当に報酬を払えば良い。

プロである以上、
何よりも大切なのはその結果である。

これは会社においても同じだ。

「やりがいがあります」というのは
会社が決めることではなくて
ひたすら個人が勝手に決めるものだし、
それによって報酬が上下するのは言語道断である。

人は
結果によって評価されると謙虚になるが、
プロセスで評価されると傲慢になる。

またそれと同様に、
結果によって評価すると謙虚になれるが
プロセスによって評価すると傲慢になる。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
心配しなくてもあなたが功成り名遂げれば
「あなたのやりがいはなんですか?」と
尋ねてくるインタビュワーが殺到するから
今は淡々と為すべきことを為せばそれでよろしい。

コメント