卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

外国語副作用。

今日の留学情報

興味深い記事を発見。

英語を使うとき、あなたは頭が悪くなる~「外国語副作用」という難題(現代ビジネス)

詳しくは当該記事参照として(ぜひご一読を)、
結論だけかいつまむと
慣れない外国語を扱っている間は、
第一言語での思考能力が低下する」というものだ。

これが、第二言語習得において
イマージョン(いわゆる英語漬け)がハイリスクたる
最大の理由にもなる。

外国語「のみ」で勉強しようとすると、
語彙も表現力も論理も第一言語と比べて欠けているから
そのアウトプットの質がどうしても低下してしまう。

さて、本当に恐ろしいのはここからだ。

外国語「のみ」で勉強すると、
日本語ですら論理的に考えられなくなってしまう。

イマージョン・英語脳は文字通り諸刃の剣なのだ。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸1】
卒論のライティング力のパートで調べものをしていた。
「書く内容はなぜ日本語から考え始めるべきか…」
というのは、こういうことでもあるんだね。

【追伸2】
こういう意味も含めて
本当の「英語脳」を作りたいのであれば、
これまで歩んできた日本語力養成の道と
同じだけの時間と労力が求められる。

コメント