卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

例外の法則。

気づき - ki du ki

まず一つに、
例外が例外を呼ぶというものがある。

「これは例外なの」「これだけは別」
「とりあえず『その他』でいいや」とかやっていると、
例外と呼ばれる存在が
一つから二つ、三つ…と次々増えていく。

だから、と例外を断じて許さないのも
一つの生き方として悪くないとは思うが、
そこでもう一つの法則がある。

この世から例外という概念は決してなくならない。

どれだけ例外を排除・断絶しようとしても
「少数派」として生まれ時代を動かしてきたのは
これまでの歴史を見てみれば明らかである。

換言すれば、
少数派たる例外が出てくるのには
必ずそれに値する理由がある。

その存在と理由をきちんと認めた上で、
それでも極力例外を減らす努力をするのか
例外にこそ尊敬の念を払うのかはあなたが決めればいい。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
例外との付き合い方で一番ダメなのは、
例外を最初から存在しないものとして扱うこと。
いかに見ないフリをしても、例外は常にそこにいるが。

コメント