卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

相対的と絶対的。

気づき - ki du ki

かの本の第一項目はこう始まる。

『相対的にではなく、絶対的におすすめです。』

あらゆる業界業種において、
よほど生まれて間もないか
魅力ゼロの世界でもない限りは
競合他社と比べられることは避けられない。

これが相対的評価である。

これに対して、
「ウチでしか出来ない」という
確固たる強みがあるのであれば
それを正しくアピールすることで
唯一無二のポジションを構築出来る。

これが絶対的評価である。

自分たちの絶対的な強みを磨き抜いた上で
相対的な要素を最低限底上げしておけば、
自然と人とお金が集まるようになっている。

例えるなら、
通信簿の「4」を「5」にするのが絶対的強みで
最低でも「2」にしておくべきなのが相対的強み。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
勝負で勝てるのは強い。
だが、勝負にならないのはもっと強い。

コメント