Welcome!

Want some tips for studying abroad?
Feel difficulties in English learning?
Or just wanna know the reality?
"Better Youth. Better Future."
Here is your place to look at.

My Mission

ポイントおさらい!ボスキャリ2018大反省会

ボストンキャリアフォーラム(ボスキャリ)

どうも、こんにちはスミカ(Rick)です。

ボスキャリ2018、本日終了しました。

かくいう私もボストンに就活生として渡り、
このほんッッッとに寒い都会まで来ました。

既にSNSには多数の投稿がありますし、
友達から聞いたよ!という人もいれば
行って来ました!という方もいるでしょう。
皆さん、まずはお疲れさまでした。

さて、電話が繋がる携帯を持っていくべきとか
Uberはとことん活用するべきだ…といった
普通のアドバイスは他のブログに譲るとして、
この記事では私がボスキャリ2018参加にあたり

ゑ?

と感じたポイントを10個まとめていきます。

大☆反☆省☆会のお時間です。

 

① 「3日間で内定が出る」は完全にウソ。

ウソでした。

ネット上の噂話や体験談は異口同音に
「ボスキャリは三日間で内定が出る!」と言っていますが、
後学の為にここで完全に否定しておきます。

驚いたのは、現状
ボスキャリで内定を出さない企業の多さです。

厳密に言えば、
ボスキャリで内定「まで」出す企業が
想像以上に少なかったのです。

特に日系企業において、
「面接通過しました。
では、冬に日本で最終面接です
というパターンが少なくありません。

本当にボスキャリ期間内で
選考プロセスを全て進める企業もありましたが、
多くは事前に試験や面接を課しており
現地で「最終面接」を行った上での決定でした。

これは某出展企業の人事担当からの声ですが、
「本当に三日間で決めるのは、ちょっとね」
「もう少し段階を踏んで、学生を見たいよね」
と呟いていたのは忘れられません。

その是非はここでは置いておいても、
「行きさえすれば内定が貰える」イベントでは
決してないので、確認です。

 

② ウォークインはないものとして考える。

今年の場合、
ウォークインをする企業のほとんどが

  • 一日目の午前中・昼間で締め切り
  • ウォークインは一応するが、実施日程未定

この2パターンでした。

もちろん通日受け付けている企業もありましたが、
率直に申し上げると人気に比例します。

つまり、
特に競争率の高い企業を志望する場合
いかに事前応募をしているかが勝負であり、
ウォークインをアテにしてはいけません。

筆者がブースを訪れた某外資コンサルは、
一日目に行っていた説明会の時点で
ボスキャリ中の応募は受け付けていません
と告知をしていました。

ウォークインなど実施していないのです。

そもそもウォークインをするということは、
応募者が実際どう思っているかは別にして
御社は第一志望ではありません」という意思表示です。

本当に第一志望なら、
確実に面接の枠を確保するために
必ず事前に予約をするからです。

もちろん、第二志望だろうか第百志望だろうが
本当に有能な学生なら
喉から手が出る程欲しいですし、逆も然りです。

ですが、ウォークインをする時点で
かなり出来る事は減ってしまう…
ということは覚えておきましょう。

 

③ 一日目の朝で勝負は決まっている。

ボスキャリは一日目が勝負です。

一日目で終わらない分を二日目で行い
それでもまだ終わらない場合は三日目になるので、
つまり一日目が本命・前提になります。

途中参加・割り込みがしにくい仕組みになっています。

その一日目を充実させるためには、
事前に選考をある程度クリアしておくか
イベント開始直後に選考に入る必要があります。

勝負は朝です。

ちなみに先述のウォークインをすると、
特に二日目以降に
面接までこぎつけることは確かに可能ですが、
その分当日がかなり忙しくなります。

ボスキャリは足が棒になる」という体験談は、
第一志望をしぼることも出来ずに
第二志望から第百志望をウロウロした人の末路です。

第一志望と第二志望の差は無限大であり、
第二志望と第百志望の差など皆無です。

恋愛でこれをやると虚しくなるものですが、
なぜ就活になるととたんにやり始めるのでしょうか。

 

④ 履歴書の枚数はそんなに必要ない。

これは真に受けた筆者が悪いのですが、
履歴書はそんなに余分な枚数はいりません。

「訪れる企業+20枚は持参しよう!」
「出来るだけ多めに刷っておきましょう」
という声がありますが、聞き流していいです。

もちろん、現地で会った人に本当に惹かれて
その場でウォークインを決める場合もあるので、
予め使うと決まっている枚数分に加えて
若干の予備も用意していくべきです。

ですが、先述した通り
現地で20股なんてやっている時点で負けです。

名刺なら大量に持っていても平気にしろ、
履歴書は刷るのにもお金がかかるので
それを無駄にするわけにはいきません。

ちなみに、万が一不足した場合も
現地やホテルを始めとして
刷れる場所はいくらでもあるので、大丈夫です。

 

⑤ 自分の分を弁えた応募をする。

例えば、筆者は
南ミシシッピ大学教養学部という
地方国立大の文系の出であり、
これといった専門特化はありません。

それで私が
理系の集う研究職やエンジニアに
応募しようものなら、瞬殺されます。

それで私が
エリートの集う外資コンサルや金融に
応募しようものなら、瞬殺されます。

当たり前のことです。

ですが、
これをやらかしている就活生が想像以上に多かったのです。

もう少しストレートに言います。

バカは身の程をわきまえましょう。

バカを自覚している上で
それでも大丈夫な業界を目指すならともかく、
自覚なしで特攻する人は本物のバカです。

学歴フィルターはボスキャリでも健在ですし、
勉強が出来ることは
仕事の十分条件ではありませんが、必要条件です。

大学で学ぶ専門科目が
明記されているにしろないにしろ
必須になる企業はどんどん増えています。

会社にアプローチする以上は、
分を弁えないことをするのではなく
勝てる土俵で確実に勝つことを目指しましょう。

 

⑥ 「この会社はボスキャリに何を求めるか」を鑑みる。

大きく分けて以下の3パターンです。

  • 留学生」が欲しい
  • 英語の出来る日本人」が欲しい
  • 日本人」が欲しい

これは国内就活イベントではなく、
ボスキャリでの話です。

「国内大学生と留学生とで区別はしていない」
「入社後は同じ仕事をしてもらう」
という出展企業も、私は一次情報で複数知っています。

一つのヒントとしては
ボスキャリ公式サイトの企業紹介にある
「英語レベル」がありますが、
たとえそれが高かったとしても実際は…という場合があります。

そこで、各出展企業に
「なぜ大枚はたいてボスキャリに来たのか」
と尋ねてみると、
各企業ごとに様々な返事が返ってきます。

つまり、これらの要素を知っておけば
その企業で果たすべき役割や
採用されやすい行動特性(コンピテンシー)
うまく意識しながら面接に臨めます。

その上で
「グローバルに働きたい!」
「こういった仕事がしたい!」
という自らの希望にもマッチさせられるので、
この質問はぜひ尋ねてみましょう。

 

⑦ リクスーである必要は全くない。

もうネタバレしても大丈夫だと思うので、
今回のボスキャリで
私が実際に着た服装を紹介します。

  • グレーの長袖ポロシャツ(白でもワイシャツでもない
  • 紺のジャケット
  • 紺のパンツ

結論から言うと、全ッ然大丈夫です。

お堅そうな元国営企業も
ビッチリするべき教育業界も受けましたが、
その上で大丈夫です。

もっと言うと、全部ユニクロです。

このブログを
読まれるような皆さんはご存知の通り、
ボスキャリで日本人が揃ってリクスーを着る光景は
最ッ高に気持ち悪いです。

ここ数年、
「案外服装はキツくないよ」
という声が増えてきているにも関わらず
この有様だということは、
この位キツく言わないと変わりません。

声をかけるのはチキりましたが、
例えばグレーのスーツやストライプ柄の方は
ホントに素敵なチョイスだと思いました。

リクスーを愛する方は
もちろんリクスーを着ていただければよいですし、
「もうちょっとセンスを出したい!」のであれば
ある程度の主張・遊びなら許されます。

ただ、流石に
日本人就活生で金髪ツーブロ(実話)はアレですが。

 

⑧ 案外、自由時間は多く生まれる。

案外、ヒマです。

案外、と言ったのは
大事なのはボスキャリなので
娯楽が主軸になってしまっては
どうしようもないからです。

ですが、先述した
「ウォークインしまくって面接しまくり」
という残念なパターンでもない限り、
スキマの時間は結構生まれます。

しかも、
面接と面接の間だったりする手前
そんな遠くに行く訳にもいきません。

会場にもよりますが、
面接対策するなり
現地で気になった企業の話だけ聞いてみるなり
スキマ時間に何をするか」は考えておきましょう。

ちなみにかくいう私は、
世界最強のプロフェッショナル集団こと
マッキンゼー&カンパニーの企業説明会を
入る気も能力もゼロですが聴いてきました。
面白かったですよ。

 

⑨ ボスキャリは三日目の朝こそ行くべき。

「ボスキャリは実質2日間」は、本当です。

実際、三日目にも足を運びましたが
あれだけ就活生でごった返した初日と比べると
出展企業も学生も大幅に減っています。

だからこそ、行く価値があります。

というのも、ボスキャリ三日目において
出展企業は大まかに「2:1:1」に分かれます。

  • 2:撤収ないし受付終了
  • 1:残りの面接を消化
  • 1:めっちゃヒマそう

お気づきの通り、これは狙い目です。

なんせ本当にヒマそうにしていますから、
そこを狙って訪れれば人事担当者と
何十分・何時間も一対一の企業説明が受けられます。

質問もし放題ですから、
もはやインタビュー・カウンセリングです。

これを狙わない手はありません。

今日、三日目にいってみたら
私が面接を受けて結果待ちをしている
企業の代表とじっくり話が出来ました。

その方の著書まで
サイン入りでいただいてしまいました。

「どの様な人なのだろう」
「どんな考えをする人なのだろう」
ということが知りたかったので、
これは本当に僥倖に恵まれました。

ちなみに
「どの企業が三日目まで残っているか」
というのが、案外読めません。

二日目には撤収モードの外資もいましたし、
三日間フルで頑張る日本企業もいました。

最速で受付を締め切るベンチャーもいましたし、
最終日にも話が聞ける大手もいました。

現地に向かってみないと分からないですが、
ぜひ三日目も訪れてみましょう。

 

➉ 「英語面接がイヤな人」は人生やり直し。

英語面接か…イヤだな

面接英語だった…ダメだった

日本語がよかった~、面接…

 

 バ イ リ ン ガ ル と は い っ た い 

…いや奥さん、
ここボスキャリですよ。ボスキャリ。

日本語・英語両方を使って
グローバルに働きたいんじゃないの??

会場現地で何度も耳にしましたが、
間違いなく今回の爆弾発言MVP。

ボスキャリの参加条件に
「英語面接で対応出来る人」って
書き足すべきだと思うの。

 

最後に、ボスキャリ2019に向けて

本当のプロ(?)はもう既に
来年のボスキャリに向けて準備していたり、
もしかしたら今年は偵察で来ました!
という方もいるかもしれません。

ですが、最後にこれだけは言わせてください。

 

偵察で10~20万(総額)は高いよ。

ボスキャリ参戦は一回のつもりでいきましょうよ。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
筆者自身は現在結果待ち中です。

コメント