卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

やる気は必要ない。

今日の留学情報

英語学習・海外留学に限った話ではなく、
「いかにやる気を呼び起こすか・維持するか」
という動機付けの研究・考察は世間に数多い。

だが、私は
それらは9割方間違っていると考えている。

やる気があればやるということは、
やる気がなければやらないということだ。

そして案の定頓挫・失敗すると、
「やる気がなかったので」「精一杯頑張りました」
などという言い訳にならない言い訳を並び立てる人がいる。

だが率直に申し上げると、
評価されるのはやる気ではなく結果だ。

「やる気」とは他人が測れない不安定かつ抽象的学生言葉であり、
「結果」とはは誰もが測定可能な事実だからである。

究極、
やる気なんてなくていいから結果を出してくれ
と思うのだが、いかがだろうか。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
第二言語習得研究の文献を読み解いていると、
やる気とは力技でひねり出すものではなく
「適切な環境整備によって自然に出てくる動機」
「やる気に頼らなくても淡々と継続できる仕組み」
として定義・研究がなされている。

コメント