卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

第一印象の法則。

今日の留学情報

清潔感が無い・最低限の礼儀に欠けるなど
悪すぎてはお話にならないのは言うまでもないが、
では良ければ良い程効果的なのか…かといえば
それはそれで逆効果である。

人には、自らに欠けている要素を
第一印象を通して隠蔽・化粧しようとする習性がある。

  • 「社交的です!」→友達がいない
  • 「リーダーシップがあります」→あるといいなあ(実際はない)
  • 「極めて低姿勢で謙虚」→中身は傲慢

就活生が面接で与えた第一印象をもとに
実際に雇ってみたらあれれ…という例が多いのはこのためだ。

第一印象では「演じる」ことが出来るが、
それ以降の人生における人格までは演じることは出来ない。
(仮に死ぬまで演じ切る人がいたら、
それはもはや化粧ではなく真実になってしまう)

さて、本当に大切なのはここからだ。

第一印象が過剰に良い人というのは、
最終的にあなたから大切なものを奪うために
極限まで第一印象を良くしているのだ。

それに対して本当にすごい人というのは、
わざわざ他人に絡まれてしまうと面倒だから

第一印象をあえて大人しくセーブしている。

これを読んでどうするのかはあなた次第である。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸1】
言い訳がましいが、
私自身が就活で落ちまくったのは
面接で一切の演技をしなかったからである。

【追伸2】
海外留学における
「第一印象が良い人の罠」を取り上げたのがこの記事
真実をありのまま公開しています。

コメント