卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

グレーゾーン。

気づき - ki du ki

「AとBなら、Aの方が絶対に正しい!」

「好きなの?嫌いなの?ハッキリして!」

こういう人は不幸になりやすい。

なぜなら、世の中は
グレーゾーンの状態が普通であり
白黒ハッキリ付けられるのは珍しいことだからだ。

初歩や基礎・本能的思想を除いては
一つの絶対的模範解答などないし、
その場その場で最適解が変わってくるのが普通だ。

無理やり英語で例えるならば、
最低限の初歩や基礎(文法など)が合っていれば
訳文に「唯一の模範解答」などないし、
個人ごとに味が出るのがむしろ真骨頂である。

白黒付けられないものを
無理やりハッキリさせようとするから悲劇が始まる。

グレーゾーンの存在を受容した上で、
如何にして一つ上の次元から包み込んであげるかを
考えられるようになるとグンと楽になる。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
一字一句正確には覚えていないが、
かの夏目漱石『こころ』には
こんな台詞があったように思う。
「善人と悪人がいるのではありません。
一人の人間の中に善人と悪人がいるのです」

コメント