卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

英語発音とカタカナルビ。

気づき - ki du ki

一度真剣に勉強すれば絶対に分かるが、
英単語や英文にふられたあのカタカナルビで
キレイな発音をするのは絶対に不可能である。

母音・子音の使い分けはまだどうにかなるとしても、

  • 巻き舌(R)の発音
  • 語尾のL(allなど)の発音
  • VやTHなど、日本語に存在しない発音

このあたりはどうあがいても無理である。

例えば「think」という単語は
「シンク」は論外として、
「スィンk」でもまだ足りず
正確には「thインk」ぐらいが欲しい。

換言すれば、
いつまでも日本語の読み方で無理矢理読もうとするから
世界中から「ジャパニーズ英語」と揶揄されるのである。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
そういう意味では、
「外来語はカタカナ表記しよう」と
国家単位で決めてしまったのは諸悪の根源。

コメント