Welcome!

Want some tips for studying abroad?
Feel difficulties in English learning?
Or just wanna know the reality?
"Better Youth. Better Future."
Here is your place to look at.

My Mission

これで長距離運転も万全!?「アメリカ・ハイウェイあるある」10選!

アメリカ○○あるある

どうも、こんにちはスミカ(Rick)です。

筆者は、アメリカにおいて
ハイウェイでの長距離運転をした経験が
中々数多く存在します。
一日で1,000マイル運転とかいう奇行もしたし

今回は、このシリーズ
アメリカ○○あるある第3回として
こちらのネタをまとめてお送りいたします。

 

日本より安全で、日本よりキケン!?
「アメリカハイウェイあるある」ネタ10選!

 

それでは、どうぞ。

 

①パンクしたタイヤが
路上にごろごろ落ちている

アメリカのハイウェイの路上には、
パンクしたタイヤがごろごろ落ちています。

一部分などが大半ですが、中には
タイヤほぼ丸々1コがそのまま落ちてたりします。
それもうパンクを超えた何かだろ

もちろん運転中に
踏まないようにするのはもちろんですが、
もう一つ気を付けなければならないポイントが。

特にトラックに対して言えることなのですが、
「タイヤの寿命ぎりぎりまで使ったろ!」という
ドライバーも一定数存在します。

つまり、最悪の場合は
ハイウェイという高速のもとで
まさにその場でパンクしたタイヤが
後続を走る目の前に飛んできます。

それを轢いて車体を傷めたり吸い込んだり、
最悪フロントガラスにストライクショットしてくるので
ボロそうな車を見かけたら特に注意しましょう。

ちなみにこれは実話ですが、
ハワイ短大時代に
筆者がお世話になった某運転教官は
これでカーエアコンを丸々パーにしました。
何百ドルもぶっ飛んだとさ

 

ライン際の段差を踏むと
非常に気持ち悪い。びびる。

アメリカのハイウェイにおいて
ラインの外側に刻まれている段差舗装

ほぼ途切れなく続いているうえに、
5センチから10センチほどと結構深いので
踏むと「ブオンッ」という大きな音と共に
凄まじい振動と衝撃が車を襲います。

元々は居眠り運転の対策として
付けられているこの段差ですが、
たまにライン上(黄線)に刻まれているのがあり
ふつうの運転者でも稀にうっかり踏みます

初見であの音を聞くと本当にビビります。

というか、
タイヤが心配になるレベルでダメージが怖い。
実際パンクの一因になりかねないと思う

 

③「トラック先導部隊」のウザさ。

大都市圏内を除いては、
基本的にアメリカのハイウェイは
片側2車線で構成されています。

そうなると一番困るのが、
超大型&低速」という二重苦の危険を持つトラックが
その2車線を並列で埋めてしまう現象。

筆者は、
これを勝手に「トラック先導部隊」と呼んでいます。
見た目が箱根駅伝とかの先導の白バイみたいだから

アメリカのハイウェイにおいて
これをやられた暁には
ほぼ確実に後続が詰まります。

それにトラックが気付いて
右側に行ってくれる場合もありますが、
実はアメリカのトラックは
真後ろが全く見えていません。
日本とは比べ物にならない程大きいため

その為、いざ
先導部隊の真後ろにつけてしまった日には
もうヒヤヒヤです。

一応、州によっては

  • 遅い車は右側に
  • トラックは右側に

というルールがあるのですが、
ぶっちゃけちゃんと守られているかはかなりグレー。

ふつうの車がすぐ隣に居ても
何の躊躇もなく車線変更かましてくるような
wtfなかなり危ないトラック
日本では見ない超大型も存在するので、
ハイウェイではトラックは出来るだけ避けましょう。

 

④「景色が中々変わらない」のは
本当な為、結構眠くなる

皆さんが「アメリカのハイウェイ」でよく想像する
「景色がまったく変わらない、
見えるのはあの向こうの地平線!」。

これはロマンや都市伝説などではなく、
結構頻繁に遭遇します

写真のような山々や海際等の
きれいな眺めであればまだいいですが、
本当に代り映えも変哲もない風景が
何時間も、何時間も続くとなると…

単純に眠いです

そして変な場所や工事中などでなければ、
そこまで強烈なカーブ・分岐・交流などが
あるわけではありません。

その為、非常に眠気を誘いやすいのも
アメリカのハイウェイを運転するにあたっては
避けられない宿命です。

  • カフェインを摂る。
  • 音楽を流したり、同乗者が居るなら話す
  • こまめに休憩をとる。
  • そもそも前日の夜にしっかり寝ておく

言うまでもなく、
万が一超スピードの中で落ちてしまうと
とんでもない事態になること必須なので、
眠気対策は事前にバッチシとしておきましょう

 

⑤たまに「あ、あの車寝てるわ
と気付いてしまう。

これは、
筆者もアリゾナで遭遇した実話です。

上の4番は眠気についてのあるあるでしたが、
アメリカのハイウェイを運転していると
稀に「負けちゃった」車を見かけることがあります。

  • 車体が左右ブレブレ。
  • 2番の「段差舗装」をしばらく踏み続ける。
  • 急な減速。
  • 出しているウィンカー等がめちゃくちゃ。

筆者が昨年アリゾナで出くわした際は、
タクシー(Uber)の助手席に座っていて
運転席の奥さんが気付いて対応してくれたのですが。

その後奥さんは、優雅に笑いました。

何事もなかったかのように、静かに距離をとるのよ。

近づいても危ないからね。しょうがないね。

 

⑥レストエリアの看板が出てくるのが
遅すぎて、結局入れない

アメリカのハイウェイは基本無料であるため、
高速道路の内部に無理にサービスエリアを
設置する必要がありません。
(もちろん、定期的に来るExitから出れば
レストランやガソスタ等休める場所にはちゃんと行けます)

そのせいなのか分かりませんが、
ハイウェイの随所に存在する
トイレや自販機・観光案内等が設置してある
レストエリアを示す看板が出てくるのが
極端に遅いんですよね。

「レストエリア あと1/2マイル (800m)!」

遅えよ。

そういう時に限って、
車線変更が出来なくて結局通過するんだよね。

今まで
「あ、ちょっとトイレだけ寄るか」
→「あー間に合わね…(ツウカー」を何度やったことか。
いや普通に一回ハイウェイ降りろよとはいってはいけない

ちなみにレストエリアは24時間開放なので、
「一応」ここに車を停めて
ホテル代を節約して車中泊するツワモノも居ます。

ですが手練れのローカル以外の方々、
ましてはこの記事を読んでいるような日本人は
絶対にやめた方が良いです。
世の中には、お金よりも大切なものがあるんやで(ニッコリ

 

⑦電話番号が載っている看板が多いが、
覚えられないしかけられない

アメリカのハイウェイを走っていると
ちょくちょく見かける大きな看板。

〇マイル先に△△がありますよ!」であったり
Exit□□を出れば××に着きますよ!」といった
ドライバーにとっては便利な情報を持つ
広告看板…というのが普通なのですが。

たまに、
電話番号が書いてあるんですよね。

看板を通過する間の何秒何十秒で
どうやって10ケタの数字を暗記しろと??

仮に暗記出来たとして、
運転中は電話発信が法律で禁止されてるんだが??
※ハンズフリーであれば、登録しておいた番号への発信や着信は可能

ハイウェイの看板に電話番号を載せる意図、
筆者は未だに分かっていません。
多分筆者みたいなぼっちは想定していないんだろう

 

⑧野生動物がたまに
路上でお亡くなりになっている

まあ、アメリカのハイウェイにおいて
シカやらクマやらイノシシやらの
動物注意!」の看板が出てくることがあるのは
日本の田舎の方でも普通なのですが。

たま~に、
路上にて通過する車にお触れになった結果
ご臨終を迎われた動物の皆さま方が
美しい緋色の液体を携わられながら
路上に横たわっておらっしゃられる場合があります。

特に電灯などの無い、暗い夜の時間帯
お出かけになられる動物の皆様が多いようです。

轢いたら、ドンマイです(*^○^*)
夜間運転がタブーとされる理由の一つ

 

⑨高速最高や!
ウィンカーなんて必要なかったんや

アメリカの高速には、大体こんな感じで
闇に囚われたドライバー出没します

たまに車線変更や交流にて遭遇するのが、
ウィンカーという文化がないドライバーの皆さん。

あ、隣から早い車が通過してくるな…と思ったら
突然目の前にグイッと車線変更してきたり。

車線変更の終わり際になって申し訳程度
一瞬だけウィンカーを灯らせたりするのは
アメリカでは日常茶飯事です。気を付けましょう。

ちなみにですがアメリカの車は
後ろから見たウィンカーのランプ赤色
という車がかなり多いので、
ブレーキランプと見間違えないようにしましょう。

 

➉人のパンクをもう二度と笑えない。

メンテ、事前にしっかりしよう!(戒め)

↓↓筆者におこったパンクの悲劇、くわしくはコチラから↓↓
【悲報】スミカ(Rick)、アメリカ、9時間ドライブ。何も起きないはずがなく・・・

アメリカのハイウェイのど真ん中でパンク。

笑えるのは映画やドラマの中だけです。

一発実際に経験すると、
事前のメンテや保険の大切さ痛いほど実感します

この記事を読んでいる皆さんは
そんな目に遭わないように事前の対策、しよう!

  • 付け方が分からなくても、スペアタイヤは必ず積んでおく。
  • AAA(全米自動車保険)に加入しておく。
    →日本で言うJAF。ロードサービスとかやってくれる
  • タイヤの交換やローテ・空気のケアはこまめにする。
  • 専門店でしっかりとメンテしてもらう。

この位を守っていれば、いざという時も安心だね(ニッコリ

 

おわりに

「アメリカ○○あるある」の第3回、
ハイウェイ・長距離移動編はいかがでしたか。

皆さんもアメリカで長距離運転をする際は、
ここに書かせていただいた情報もぜひ参考にして
安全で楽しいアメリカンドライブを満喫しましょう。

では、今回はこんなところで。
今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。
ご意見ご質問等ありましたら、
お問い合わせ」またはコメントまで。

筆者、スミカ(Rick)
⇒プロフィールはこちら⇐

コメント