卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

なぜ「英語の受動態」はダメなのか。

今日の留学情報

「あまり使うべきではない」とされる
英語の受動態(受け身)だが、
その理由は英語圏の文化にある。

一つ目に、
英語圏の人々の好みは「結論ファースト」であり
受け身にすると結論が先送りにされてしまう。

‘This machine was broken by…’とやらかそうものなら、
「何故?」「どうして?」とツッコまれる上に
簡単に文字数が倍に跳ね上がる。

壊された、という事実くらい見れば分かるから
その詳細を結論として早く知りたいのが英語である。

そしてもう一つ。

「誰によって」を’… was broken by ~’と
先送りにして責任逃れを狙うのが日本語で、
最初に主語として言ってしまうことで
主人公を確定させたいのが英語である。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸1】
全く使わないわけではないけどね。
例えばTBA(to be annouced)とか
TBD(to be determined)はよく使う表現。

【追伸2】
英語圏のレストランのネーミングに
やたら「人名’s」が多いのは
これのせいだと勝手に思っている。

コメント