卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

Peer Review。

今日の留学情報

同レベルの生徒が集まるESLのクラスにて、
教師がライティング指導でほぼ必ず行う指導法だ。

各生徒が課題としてそれぞれ書いたエッセイを、
生徒同士で交換・回し読みをさせる。

重要なのは、
良い部分悪い部分を両方挙げさせること。

「この意見と理由はよく筋が通ってる!」
「この文章って、どういう意味?」
「この表現と言い回し、すごくイイね!」
「ここの文法、間違ってないかな?」

互いに・皆でポイントを共有し合えば、
一人では決して出来なかった発見がある。

「同レベル同士で」というのがミソ。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸1】
先生が「生徒の目線で教える」ことが理想だけど、
限界はあるんだよね。それもすぐに来る。

【追伸2】
「自分のエッセイを目の前で読まれる」
という経験も大事。
人は恥を知って初めて謙虚になれるから。

コメント