卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

「先生」のジレンマ。

今日の留学情報

生徒として先生を選ぶ際に注意するべきなのは、
生徒に「べたべた」した関係を求める先生だ。

  • なるべく長いあいだ居てほしい。
  • なるべくチヤホヤし合いたい。
  • なるべく仲良しこよしでやっていきたい。

先生個人の実力や人間性の問題もあるが、
これらは決して生徒を気遣っている訳ではない。

むしろ逆で、
成長しないまま少しでも長く居てもらって
その分授業料をバキュームしたいということだ。

確信犯でやっている人も無自覚でやっている人も
私は両方見てきたが、
共通するのは先生としては三流ということである。

短い視点で見たお金儲けとは相反するが、
一流の先生と呼ばれる人が考えるのは
いかに早く卒業させるか」ということなのだ。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
ビジネスには
「お金をもらい続けなければいけない」
という建前があるのは確か。
しかしそれを先生・生徒間に持ち込んではいけない。

コメント