卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

靴磨き。

今日の留学情報

昨日のルーティンの件の続きだ。

もう一つ、筆者は
今秋から靴磨きが「儀式」になった。

社会人としての下限の革靴と
社会人失格の革靴(笑)と共に
ブラシやクリーム・スプレー等も一通り揃えた。
※革靴の階級とは、無論値段のことである

良い革靴をピカピカにしておけば
人により評価されやすいのはもちろんだが、
心理的観点をここでは一つ。

ピカピカの靴を履いていると、
ふと下を見た時に靴から元気がもらえる。

その為の対話だと思って、
今日もブラシをかけている。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸1】
留学生で靴磨きに神経が回る人を
筆者は滅多に見たことがない。
つまり、やれば一層際立つ。
ボスキャリ就活生とて例外ではない。

【追伸2】
アメリカにおいて、正装時の革靴を
鏡のようになるまで磨き上げる職業がある。
どんな大企業でもモデルでもない。
他ならぬ米軍兵士である。

コメント