Welcome!

Want some tips for studying abroad?
Feel difficulties in English learning?
Or just wanna know the reality?
"Better Youth. Better Future."
Here is your place to look at.

My Mission

警備員という仕事はなくならない。

今日の留学情報

今学期、バイトとしてやっている
大学フットボールの試合での
チケットもぎり・会場案内・警備。

よく挙がる議論として、
将来AIに取って代わられる仕事」の
典型的な例が並ぶ。

確かに、チケット自動読み取りから始まり
防犯カメラの類をそこら中に張り巡らせれば
いちいち人の警備なんて不要かもしれない。

だが、いざスタジアムで働いてみると
どうもそう単純ではないことが分かる。

一つ、
人の目があった方が「発生率」が低くなる。

有事の際の対処は機械の方が優秀だが、
今目の前に人が居る」というだけで
妙なマネをされるリスクが減るのである。
(カメラの場合も、間接的に人は居るのだが)

畢竟、「何も起こらない」という
警備的には最高の状態を保つためには
抑止力としてのアナログの目が欠かせないのだ。

そしてもう一つ。

仕事の半分以上は笑顔と元気な挨拶である。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸1】
結局、人間相手の仕事だもの。

【追伸2】
もちろん、自宅警備員もなくならない。

コメント