卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

組織で働くということ。

気づき - ki du ki

人が集まって働く場合、
その中の上澄みと澱みの部分に
同時に全員仲良く近づいてくと考えると分かりやすい。

規模しかり手数しかり、
個人では絶対に到達出来ない高みに
組織なら到達出来るのは確かだ。

その組織内で優秀なところを盗んで
一人で過ごすよりも格段に早く
成長していくことも可能だ。

だが良いことばかりではなく、
同時に数ある澱みの内
最たるものが多数決である。

世の中には超人よりも末人の方が遥かに多く、
個人では絶対選ばない選択肢も
組織になった途端多数決で仲良く選ぶようになっている。

換言すれば、群れた瞬間に
「何をやってもいい」「責任は誰かが取ってくれる」
という根拠なき根拠を勝手に作り出してしまう人が急増する。

考えることを
「誰か」に委ねた成れの果てである。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
だからこそ
組織の中で美しい人は本当に美しいのだが、
概してそういった人は組織を抜ける運命にある。

コメント